日本人にこそ重要な英語の発音

日本人は高校受験や大学受験に向けて非常に長い時間英語学習を行うので、簡単な英作文や和文英訳などは出来る方が多くいらっしゃいます。しかし、実際に海外などに行き文法通りに正しいセンテンスで伝えても、意思疎通が全く出来ないということがよく起こります。文章としては理路整然としており、正しい英語であるにも関わらず伝わらないという場合の大きな原因は発音にあります。

日本語は母音が「あいうえお」の5音で、ひらがなを並べていれば多少発音が悪くても意味が伝わってしまうのであまり意識しませんが、英語では分類によっては母音が15音以上あるので、発音によって単語の意味が大きく変わってしまいます。例えば「Fly」と「Fry」は全く意味が異なりますが、これらを正しく分けて使わなければ、当然意味が異なって解釈されます。

会話は複数個の単語の連続なので、会話中にこうした解釈の齟齬が続けて生まれてしまえば重大な誤解を生んでしまうことは言うまでもないでしょう。vとbやrとlなど日本語には無い発音の区別を行うのは非常に難しいことは事実ですが、せっかく覚えた英会話が全く伝わらないという結果になるどころか、ビジネスの場などでは深刻な誤解に繋がることもあるので、その損失は計り知れません。

フランス語やイタリア語などは英語と似通った発音部分が多いので、こうした誤解も生まれにくいですが、日本語という母国語にどうしても引っ張られてしまう日本人は正しい発音を意識した上で英語学習を行うことが必要になります。

しかし、そんな重要な発音ですが、実際には「英語の発音がうまくできない」と感じられている方は多いと思います。そこで、本サイトではうまく発音できないと困っている方向けにアドバイスをまとめて掲載しています。

※発音も一緒にマスターできる英会話教材もあります。英会話教材を買う前にランキングをチェックしておくと、無駄なお金と時間を使わなくて済みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加